Event is FINISHED

第2回『タンザニアにおける新型コロナ・ウイルス感染症という経験と今後』アフリカ先生ウェビナー:もっと知りたいタンザニア

Description

新型コロナ・ウイルス感染症の影響により、アフリカへ容易に渡航できない時代がやってきてしまいました。またアフリカでの企業活動や国際協力も、大きな変化を経験しています。このような状況でも、わたしたちがアフリカとつながり続けるために、タンザニアを拠点にするJATAツアーズと、タンザニアで長くフィールドワークを経験したアフリック・アフリカのメンバーが手を組み、タンザニアの風を皆さんに届ける連続ウェビナー(全5回)をおこないます。

毎回、タンザニア・ダルエスサラームとつなぎます!
アフリカ未経験・初心者からベテラン・アフリカニストまで、みなさんのご参加を待っています。
趣旨については、こちらをご覧ください。https://jata-africafrica.peatix.com/

過去の回の見逃し配信を販売しています。https://jataafricminogashi01.peatix.com/
----------------------------------------------------------------------------------

第2回『タンザニアにおける新型コロナ・ウイルス感染症という経験と今後』

【話題の概要】

①「新型コロナ・ウイルス感染症と向き合う(現地報道から)」 
  溝内克之(京都大学研究員/アフリック・アフリカ)

「コロナは悪魔」、「パパイヤ、陽性」、感染者数公表の停止、そして「コロナ・フリー」宣言。20年以上、研究者・国際協力の実務者としてタンザニアに関わってきた溝内が、現地メディアの情報をもとにタンザニアのコロナという経験の政治的、経済的、社会的側面について話題を提供します。

②「コロナ禍における野生動物調査の現状」
  仲澤伸子(静岡県立大学 日本学術振興会特別研究員PD)

タンザニア西部に位置するマハレ山塊国立公園では、チンパンジー 、ベルベットモンキー、ブッシュバックなど、様々な動物を間近で 観察できます。マハレの観光地としての魅力に加えて、人獣共通感染症であるコロナウイルスとどう向き合っていくのか、研究者と現 地の人々の現在の試みを紹介します。

【日時】2020年7月25日(土)
20:00~21:30(19:50開場)
 19:50~   :開場
 20:00~20:15:趣旨説明/「今のタンザニア」
     (ダルエスサラームより相澤:JATAツアーズ)
 20:15~20:40:溝内「新型コロナ・ウイルス感染症と向き合う(現地報道から)」 
 20:40~21:05:仲澤「コロナ禍における野生動物調査の現状」 
 21:05~21:30:質疑応答(イベント後、交流会も行います)

【参加定員】80名+アフリック会員20名
(5回券を購入済の方の人数を含めます)

【実施方法】オンライン(ZOOMでの実施)
  • イベント当日15時までにZOOMのURLのリンクとパスワードを送ります。ZOOMの接続テストサイト( https://zoom.us/test )にて、事前にご確認いただけると安心です。
  • 同リンクやパスワードは参加申し込みをした方以外に漏らさないようにお願いします。
【参加費】
(すでに5回通し券(第1回で販売中)をお持ちの方は購入する必要はありません)

  • 一般 500円
  • アフリック・アフリカ会員 無料
 *本企画の収益は、JATAツアーズが日本とタンザニアを結ぶ事業を継続していくための資金として活用します。
 *アフリック・アフリカ会員になると参加費は無料です
 (年会費4000円、学生3000円、詳細はアフリックのサイトへ)
 *過去の第1回アフリカ先生ウェビナーの見逃し配信はこちらから購入できます(600円)
該当回の当日参加券をお持ちの方にはURL(Youtubeにて限定利用予定)を無料でお送ります。

【話題提供者プロフィール】
溝内克之:京都大学アフリカ地域研究資料センター特任研究員/アフリック・アフリカ事務局員

1999年に大学を休学し、協力隊員として警察学校で柔道を教えるためにタンザニアへ赴任。その後、キリマンジャロ山間部を故郷とするチャガ人の社会を研究しながら、国際協力の仕事に携わってきました。毎日、タンザニアの情報を検索するオタク。夢はタンザニアでバー兼柔道場を開くこと。
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程(5年一貫制)指導認定退学(地域研究修士)。
元在タンザニア日本国大使館 草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員、元JICA 企画調査員(ボランティア事業(タンザニア・ウガンダ)。元タンザニア(本土)/ウガンダ柔道代表監督。
共著:『タンザニアを知るための60章』(栗田・根本編)、『アフリカン・ポップスの誘惑』(多摩アフリカセンター編)
アフリック・アフリカ「アフリカ便」
「チャガ人の仕事」
「人生を探しに」

仲澤伸子:静岡県立大学 日本学術振興会特別研究員PD

2012年に初めてタンザニアを訪れる。以降5年間のうち約2年 をタンザニアで過ごし、アフリカヒョウの生態調査をおこなう。時 にはタンザニアのさまざまな観光地に大型ネコ科動物を探しに行く 、ネコ好き。
京都大学大学院理学研究科人類進化論研究室研究指導認定退学(理学博士)。
共著:『はじめてのフィールドワーク①アジア・アフリカの哺乳類 編』(田島ほか著)
マハレ野生動物保護協会ニュースレター「マハレ珍聞」
「マハレの森に潜む動物・ヒョウ」
「マハレ珍道中第7回タンザニアを車で横断する~変わる道路事情 ~その①」

【注意事項】
  • 参加申し込み完了後、ご登録のメールアドレス宛に申し込み完了の案内メールが届きます。当日のログイン情報を問題なく受け取っていただくために、申し込み完了のメールを受け取ることができたか、ご確認ください。
  • 政治団体、宗教、ネットワークビジネス等の勧誘は禁止です。会場にて見受けられた場合は、退出をお願いします。
  • インターネットの通信上の問題により、ウェビナーの途中で講演者の接続が切れた場合は、代読の可能性もあることをご了承ください。
----------------------------------
【全5回のスケジュール】
 
   
【主催者】 JATAツアーズ https://www.jatatours.com/
特定非営利活動法人アフリック・アフリカ https://afric-africa.org/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#668338 2020-07-21 15:09:49
More updates
Sat Jul 25, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
第2回参加券 SOLD OUT ¥500
アフリック・アフリカ会員専用 FULL
Organizer
アフリカ先生ウェビナー:もっと知りたいタンザニア(JATAツアーズ/NPO法人アフリック・アフリカ共催)
205 Followers

[PR] Recommended information